目の悩み

美容整形は身体の一部が正常な機能を果たしていても、自身がその形態を美容のために変えたいと考える人が行う治療です。
日本では「親からもらった身体にメスを入れること」を嫌う傾向がありましたが、最近では様々な技術の進歩とともに好意的に受け入れられるようになりました。
また、メスを使わずに治療を行う「プチ整形」と呼ばれるものも誕生しています。
身体の様々な部分に対して行われる美容整形ですが、どのような構造で、どのような治療を行うのか基本をいくつか説明します。


まず、多くの人が悩んでいる二重まぶたの治療です。
一重か二重かは遺伝によって決まり、一重まぶたはモンゴル・日本・中国など東南アジアに多いまぶたです。
まぶたとまつげの本来の役割は眼球を保護して、まばたきによって潤いを与えることです。
筋肉の接合が一箇所だと一重まぶた、皮膚とも結合していると二重まぶたとなります。


二重まぶたもその形によって末広タイプ、奥二重、平行タイプなど様々です。
美容整形で二重まぶたにする場合、奥二重であればあまりそれまでの目の印象を変えることなく二重にすることができます。
末広タイプは日本人が最も好む形で、すっきりとした印象になるまぶたで、平行タイプは幅が広いと目を大きく見せることができ、つけまつげやアイラインなどしっかりとしたアイメイクに向いていますし、幅が狭いと大人しいけれども華やかさもあり、目が大きく見えるまぶたです。


一重から二重にする方法は埋没法、部分切開法、全切開法などがあります。


○外部推奨リンク
医療事故ゼロなので安心して美容整形手術を行う事の出来る美容外科です ⇒ 美容整形手術

Copyright © 2014 美容整形の基礎知識 All Rights Reserved.